Posted on

遺品整理の仕方

遺品整理の仕方には、特に決まった形があるわけではありません。

ですから、人やケースにより様々です。

例えば、もし賃貸住宅に住んでいた方が亡くなった場合は、速やかに遺品整理を行わなくてはなりません。

そのため、人を亡くしたという精神的なショックから立ち直るのを待つなどという時間的余裕もなく、遺品整理を行う必要が出てきます。

一方で持ち家に住んでいた方にとっては、自分の気持ちの立て直し方によっていつ遺品整理をしてもよくなります。

また、どのようなものを残し、どのようなものを処分するのかという決まりもありません。

一般的には、日記や通帳、手帳といった故人にとって重要かつ故人の都合がわかるようなものは、亡くなった後1年から2年は保管しておく方が良いといわれています。

なぜなら、何かと必要になる機会が多いからです。

しかしそれ以外は、遺品整理をする方の気持ちひとつで、遺品を仕分けしてかまいません。